銀歯が気になるなら白いセラミックにしませんか?~審美歯科~

保険の虫歯治療で取り付けられる銀色の金属は、口を開けたときに目立つ存在。また、金属アレルギーを引き起こすリスクも否定できません。そんな銀歯の見た目や生体親和性が気になるなら、白いセラミック素材を選んでみませんか?

銀歯のデメリット

歯科治療で用いられる銀歯の素材は、金銀パラジウム合金を基にした金属です。健康保険が適用され、その安全性は一定の(最低限度の)水準をクリアしていますが、次のようなさまざまなデメリットがあるのも事実です。

銀歯のデメリットその1 見た目が悪い

白い歯列の中で銀色は見た目が不自然です。

銀歯のデメリットその2 歯ぐきが黒ずむ

金属がイオン化して溶け出し、歯ぐきに金属イオンが沈着することで歯ぐきを黒ずませることがあります。

銀歯のデメリットその3 金属アレルギー

溶け出した金属イオンが体内に入り込むことで、金属アレルギーの原因となることがあります。かぶれや肌荒れ、だるさが続くといった体調不良は、金属アレルギーのせいかもしれません。

これらのデメリットを払しょくしているのが、白い歯科素材「セラミック」。セラミック治療をご希望の方は、ぜひ一度、練馬区光が丘駅から徒歩5分の「さくま歯科医院」へご相談ください。審美性はもちろん、機能性も兼ね備えた治療をご提案いたします。

銀歯とセラミックの違い

  銀歯 セラミック
 
見た目(審美性) 目立つ・不自然 天然歯に近い透明感がある
歯への影響 噛み合う天然歯を傷つける 硬さの調整が可能
歯ぐきへの影響 溶け出した金属イオンで黒ずむ なし
全身への影響 金属アレルギーを引き起こす なし

取り扱い素材紹介

クラウン(被せ物)~自費診療
オールセラミッククラウン 【概要】被せ物のすべてにセラミックを使用したもの
メリット デメリット
  • 見た目に美しい
  • 透明感がある
  • 金属不使用
  • 変色がない
  • 耐久性が高い
  • 硬度が高く、噛み合う力がかかりすぎると割れることがあるある
  • 高価である
【価格(税込み)】 59,400円
ジルコニア 【価格(税込み)】 140,400円
ジルコニアセラミック 【価格(税込み)】 140,400円
ゴールドクラウン 【概要】身体に負担の少ない金属「金」で作られた被せ物
 メリット デメリット
  • 装着時のフィット感がよい
  • 天然歯に近い硬さ
  • 生体親和性が高くアレルギーの心配が低い
  • セラミックよりは口の中で目立つ
  • 高価である
【価格(税込み)】 86,400円
クラウン(被せ物)~保険診療
レジン 【概要】内部に金属のフレームを使用しているものの、外側は白い歯科用プラスチック(樹脂)の被せ物
 メリット デメリット
  • 安価である
  • 最低限の機能は確保できる
  • 金属の溶け出しが起こる
  • 金属アレルギーの心配がある
【価格】 保険適用
インレー(詰め物)~自費診療
オールセラミックインレー 【概要】素材のすべてにセラミックを使用した詰め物
 メリット デメリット
  • 審美性に優れている
  • 金属を使用していないメタルフリー素材
  • 長期の使用でも変色がない
  • 高価である
【価格(税込み)】 48,600円
ゴールドインレー 【概要】生体親和性の高い「金」で作られた詰め物
 メリット デメリット
  • 装着時のフィット感がよい
  • 天然歯に近い硬さ
  • 生体親和性が高くアレルギーの心配が低い
  • 奥歯の治療に使える
  • セラミックよりは口の中で目立つ
  • 高価である
【価格(税込み)】 64,800円~
インレー(詰め物)~保険診療
レジン 【概要】歯科用プラスチック(樹脂)の詰め物
 メリット デメリット
  • 安価である
  • 最低限の機能は確保できる
  • 見た目に銀歯よりは自然
  • 小臼歯に最適
  • 耐久性に不安が残る
【価格】 保険適用
ラミネートベニア~自費診療

前歯の表面をごく薄く削り、セラミックの板を貼り付けて歯の形を整えたり白くしたりする処置。

 メリット デメリット
  • ホワイトニングで白くならなかった歯も白くできる
  • 前歯の形を多少整えられる
  • 歯を削る必要がある
【価格(税込み)】 129,600円
コア(芯)~自費診療
グラスファイバー 【概要】グラスファイバーで作られた、光透過性に優れ、柔軟性のあるコアです
 メリット デメリット
  • 土台の歯質を傷つけにくい
  • 金属の溶け出しがない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 透明感のある被せ物を装着しても審美性を損なわない
  • 高価である
【価格(税込み)】 21,600円

ページの先頭へ戻る