重度の虫歯でも抜歯せずに治療が可能です~根管治療~

末期の虫歯になると、かつては抜歯するしか方法がありませんでした。抜歯は歯列のバランスを崩し、お口の崩壊の第一歩を招くため、できれば避けたい方法です。そこで登場したのが、「根管治療(こんかんちりょう)」です。

根管治療とは

根管治療は、歯の内部を通る「根管」から歯髄(血管・神経)を取り除き、内部を徹底的に洗浄・滅菌。薬剤を詰めたのち、人工歯(被せ物・クラウン)で歯の機能を回復させる方法です。この方法だと、歯の神経こそ失ってしまいますが、歯の根っこを残すことができます。抜歯に伴うお口の崩壊につながるリスクも回避することができるのです。

根管治療が必要なケース

次のような症状にひとつでも当てはまるなら、根管治療が必要なほど虫歯が進行していると考えられます。治療が遅れると歯を失ってしまいかねませんので、お早めに練馬区光が丘駅すぐの「さくま歯科医院」へお越しください。

  • 冷たい物・甘い物を口にすると歯がしみる
  • 歯を噛み合わせたときに痛みがある
  • 歯ぐきに腫れがあり、押すと激しく痛む
  • 何もしていないのに、歯がズキズキと痛む

【根管治療に欠かせない拡大視野~マイクロスコープ~】

根管治療では、狭くて暗い根管から、虫歯に汚染された組織を徹底的に取り除く必要があります。汚染組織の取りこぼしがあったり、洗浄・消毒が十分でなかったりすると、薬剤や被せ物で封をした内側で炎症(根尖病巣 こんせんびょうそう)を起こしてしまうのです。そのため、根管治療には高い技術力と精密さが要求されます。

そこで活躍するのが、歯科用拡大鏡「マイクロスコープ」です。細く複雑な形状をした根管内を最大20倍に拡大して見ることができるため、これまで歯科医師の技量や勘に頼らざるを得なかった部分も、しっかりと隅々まで目で確認しながら確実に処置できるようになったのです。

根管治療は、2度目以降だと成功率がかなり低くなってしまうというデータがあります。ですから、初めの治療をしっかりと行っておくことが重要。当院では、マイクロスコープを使用した、再治療のリスクを低減する精密な根管治療を行っています。

根管治療の流れ
STEP1.汚染組織の除去 STEP2.根管の深さ測定 STEP3.洗浄・除菌
虫歯菌に汚染された歯髄や歯質などを取り除きます。ここで取りこぼしがないよう、丁寧に除去します。 根管内部の深さを専用器具で測定します。 根管内をしっかり洗浄・消毒し、虫歯菌が残らないようにします。
STEP4.薬剤の充填 STEP5.土台形成 STEP6.被せ物の装着
細菌の感染・繁殖を防ぐために、根管内に薬剤を隙間なく詰め、密封します。 被せ物(クラウン)の土台となる芯(コア)を立てます。 上部に被せ物を取り付けます。噛み合わせに悪影響とならないよう、慎重に調整します。

ページの先頭へ戻る